罫

diary

information

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

煮詰まった珈琲

 

煮詰まった珈琲がとても美味しい。

 

煮詰まったほうがいいのかもしれない

全然煮詰まってない私がちょっと憧れるのだろう。

 

その煮詰まった姿に。

 

身体の流れと心の流れが別流にいるようで

それがこのところの不思議な体感。

 

心の在り処というのかな。

うーーん。

でもこのごろはこの「心」という言葉と事象にもしっくりきてなくて。

 

身体がギチギチで心はきちきちってなるのに

その奥の内臓は、ゆるやかなほがらかな風情というか。

 

その内臓の奥深くを心とは言わないように思えて。

 

どうでもいいことかな。

どうでもよくないけど。

 

いろいろなじぶんを、いろいろな私が眺めてる感じ。

あくせくきちきちぎちぎちを。

結果、ふんわり。(なんだかご迷惑をおかけしてるのに心苦しいのですが…)

 

でもちゃんときちきちもしてゆくから安心してください。

きちきちもしたいので…。(本音だけど言い訳のように)

 

こんなどうでもいい日記を書くのもいいね。

そうね、そうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


STORY

 

7月19日発売のUKISSのリーダーであるスヒョンさんの

「I'll be there」に収録の「STORY」の歌詞を書かせていただきました。

 

ほんとうにUKISSの皆さんの「ん」の発音は美しくてどきっとします。

なんとも色気があって優しくて…。

 

STORYでも(日本語的にはなのかな、歌いにくいとされる)

「ん」の音が甘く身体の奥にじいいんと響く音で、大変うっとりします。

 

ああ、素敵!

 

ぜひお聴きください…❤️

 

試聴もできます(*´∇`*)

 

 

 

 


言奏幻写 感受性はいつもこの胸を引き裂いた 感受性は自分であるより敵であった

 

川が澱むたび

心は血を吹き瞼の裏の涙はその血で濁った

 

ささやかな日常はささやかな苦痛に溢れ

つつがない日常はつつがない退屈で滾った

 

感受性はいつもこの胸を引き裂いた

感受性は自分であるより敵だった

 

 

 

 

(写真 大泉美佳)

 


言奏幻写─[鎧

 

嗚呼、まだみてみたいものがある

嗚呼、まだ触れてみたいことがある

 

ひかりの粒子が絶え間なく跳ねるこの空間に

嗚呼、まだ感じきることのできない世界がある

 

あまりある

あまりあるものに触れてその粒子の振動に

 

身体はいのちの願いと

とどまることができない性質への言い訳に波立つ

 

あまりある

あまりある感じきることができない世界に浸されて

 

嗚呼、きぼうが胸の奥にまたひらいている

 

 

 

(写真 大泉美佳)


7月1日

 

なんにもなく

眠い時間がひたすら続いてるこの頃

重怠い影に引きずられてるみたい

 

眠りに手を引かれ

あっけなく眠りとともにし

 

ふと目覚めると希望めき

その希望に沿ってあれこれして

 

また眠りに手を引かれ

ときに眠りに挑み

 

しごとをいわれるものたちをかんがえ

はたと気づけば

さっきまでの希望が

10年ほど前の希望のように目の前にあり

 

とてもこわくなり

次の眠りを心待ちにしたり、してる。

 

目覚めの悪い息苦しい夢でも

いまの手がかりになる感じはどこか楽しい

 

夢はとても感情的で

自分のなかにこんな感情が行き場を失っていたのかと

はっとするのはどこか楽しい。

 

カレンダーをめくる嬉しさは達成感

今年もここまでこれた。

 

この「ここまでこれた」感じは夕飯は家にあるものでなにか食べようという

家に「なにか」がそれなりにある暮らしができているという達成感のこそばゆさとも似てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/312PAGES | >>


罫
Ⓒ Chie Sawaguchi All Rights Reserved