罫

diary

information

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

萎れる

JUGEMテーマ:音楽


言奏幻写 一糸纏わぬ花


言奏幻写 夜を渡る果実


言奏幻写 無題1


言奏幻写 赤いリボン


言奏幻写 感受性はいつもこの胸を引き裂いた 感受性は自分であるより敵であった

 

川が澱むたび

心は血を吹き瞼の裏の涙はその血で濁った

 

ささやかな日常はささやかな苦痛に溢れ

つつがない日常はつつがない退屈で滾った

 

感受性はいつもこの胸を引き裂いた

感受性は自分であるより敵だった

 

 

 

 

(写真 大泉美佳)

 


言奏幻写─[鎧

 

嗚呼、まだみてみたいものがある

嗚呼、まだ触れてみたいことがある

 

ひかりの粒子が絶え間なく跳ねるこの空間に

嗚呼、まだ感じきることのできない世界がある

 

あまりある

あまりあるものに触れてその粒子の振動に

 

身体はいのちの願いと

とどまることができない性質への言い訳に波立つ

 

あまりある

あまりある感じきることができない世界に浸されて

 

嗚呼、きぼうが胸の奥にまたひらいている

 

 

 

(写真 大泉美佳)


言奏幻写А〔詭世

 

君の住んでいるその場所は、君の住むべき場所じゃない。

もう、薄々気がついているんだろう?

 

夜明けというのは少し肌寒く、夜明けというのはやはり静かだ。

だから、仕方ない。無いものや過去のあれこれに翻弄される。

 

ー過去に、未来を受け渡たさない。

 

そうだ、わかるだろう?

住む場所が変わるなら、生き方も、ルールも変わる。

思い悩むな。答えはないんだ。

 

 

 


言奏幻写Α/紊燭泙蠅瞭と、空の虹

 

水たまりに映った虹をみつけてあわてて空を見上げた

ほんとだ虹はやんわり遠いその場所にあった

 

なぜだか僕には水たまりの虹のほうがほんものに見えた

小さくてすぐそばにある水たまりの虹のほうがほんものに見えたんだ

 

ーなにがほんものかはじぶんが決めるものさ

どこからともなく聴こえた声に誘われてもう一度空の虹を見上げる

 

あ、さっきより空の虹がずっと近い

さっきよりもずっと空の虹もほんものだった

 

 


言奏幻写ァ】扱醋

 

この現実は誰のものなのか

この現実は誰かのためのものなのか

 

誰かの為に生きたいと願うことは

誰かの為に死にたいと生きることなのだろうか

 

手にした命を生きるのか

与えられた命を生きるのか

 

朧月は現実を生きろとだけ言う

現実を生き抜いた先で

誰の為に生きたのかはわかるのだ

 

 

まだこの命にも、その先がある

 

 

 


| 1/2PAGES | >>


罫
Ⓒ Chie Sawaguchi All Rights Reserved