罫

diary

information

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

英語、はじめました

 140301_1514~01.jpg

書きものをしてて、おおきな壁にぶつかりました。
それは、それは、大きな壁。

そう、英語!!!

英語になった時におもうように表現できない。
英語の語感のうるわしさがメロディと重なったとき
その放つ美しさを生み出せない(想いもよばない)。

ああ、なにか書くたびずっと
私はこのコンプレックスともどかしさを抱えるのか。

そう考えはじめたら

悶々→イライラライラライ。
悶々→ひどい落込み。
悶々→イライラライラライ。

のループに。

そして、ある日、ぷつりとなにかが切れてしまい
「ああああ!英語がイヤだーーーーー!!!!!」
と泣けてきました。

そうしたら、次の瞬間。
「ああああ!英語がイヤなのが、イヤなんだぁぁぁーーーーー!!!」
となり、気づいたら子供たちが通ってる英語の先生に電話をしていました。

音の美しさをなにより大事にする先生のレッスンで、
もし英語をならうようなことがあれば、ここと決めていました。

そして、英語、はじめました。

今はマンツーマンで子供の教科書と同じでひたすら音の練習!!
もう、めちゃくちゃ、ときめきます。

ああわたしは「言葉と音」が本当に本当に好きなんだと
口腔内で起こる想像に起因したあらゆる事象に激しくときめきのだと。

今日はThreeのThからeに移行するときの美しさに絶叫でした。
脳裏に閃光が走るほど。

英語には日本人には聞き取れない音が倍はあるそうです。
文中にある語尾のTは舌を歯につけるだけで発音しなくてもTだとか、色々。

でも実は日本語もそうだったりします。

日本語の美しさは、たとえば「ーです」の「す」が
最後の余韻で前歯と上あごを息でかするだけでも、
上あごにぴたりとつくだけでも、つかなくても、違うんです。

どれも、ほんとうに、みんな音が違って印象が違う。

音と言葉が好きだとは気づいてはいたけれど
まさか、英語でも、そうだったとは。

まだまだ発音だけれど、
少しずつ、文法とか単語も覚えたい。

英語で自由に詩が書けるまで。

なるかなー。
ならないかなーー。

こういうことが
ずっと、好きでいられますように。









罫
Ⓒ Chie Sawaguchi All Rights Reserved