罫

diary

information

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

その瞬間に、確かに在るもの

 


レコードに、針を落とす瞬間。
あの、ささやかな緊張を孕む、その瞬間。

いつも身体に、音楽ははじまっていた。

レコードと針の擦れる音。
それは胎内のノイズにとても似ていた。

あれは、なにかにほどこされた奇跡だったのか。

その瞬間、確かに在り
空気に触れて、なにかへ反応を示し

そしてうまれた音楽と日常の乖離間は
実は「とてもたいじでひつようなもの」だったのではないか。

そんなことが。
そんなささやかなことが。

このところ、とても美しく、とても尊く
こころに触れて、ままならない。

ー失くしてゆく時間と情緒に絡まる。

感傷は、希望にちかく
絶望のとなりにそっと在るものだ。

内面にさざなむよしなしごとが
細胞の薄皮をめくるように、
しんじつを暴いてしまう。

私は、気づかずにいられない。
私は、想わずにはいられない。

それは、業のなすことなのか。

いちにちのはじまりに希望がよぎる朝は
敏感すぎる午後を、いつも呼んでしまう。




罫
Ⓒ Chie Sawaguchi All Rights Reserved