罫

diary

information

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

だってそれはあぶくだから。




水辺は気持ちいい。
たぶん、リアルに粒子を感じることができるから。

このとろこずっと1日と空間にも
たくさんの粒子がうごめいてるのを感じる。

それは過去も未来も
そして現在も混在したものとして。

時間や日付を区切ることは苦手だけど
おおまかにそれを一か月とした場合。

時折、その一か月のなかでふと閃くような
希望と出逢うことがある。

それは単純な「あ、こんなことしてみたい。」
という一瞬のときめきを孕んだ閃き。

でもその閃きが胸を軽くするのはほんの一瞬だったりする。
ほんとうに、ほんとうの、一瞬。

次の瞬間には、それを現実のなかに見失ってしまう。

でも、その一瞬がいつしか
一か月に数回になってたりすることにはっと気づく。

わたしは、それでいいように思える。

希望はあぶくのように生まれるものだ。
涙がでるほど、なにもないところから。

そして願いはきっと
その一瞬の希望をそっと掬うようなことだ。

それは水のなかで生まれたあぶくのような希望のそのぶぶんに
ふっと、空気を与えるように。

願いは、つよく欲するのことでも、掴むものでもない。
願いは、希望を、そっと掬うものだ。
願いは、希望を、そっと守るものだ。

生まれてきた希望というそのあぶくを眺めながら
そしてもうああ堪えきれないと言うときに

それをそっと、掬う。

そんな現実を生きてもいいとおもうのだ。
そんな願いを深い場所で守っていてもいいとおもうのだ。

**

すっかり穢してしまった希望を
きょうはちょっとほどいてみたい日。




































罫
Ⓒ Chie Sawaguchi All Rights Reserved