罫

diary

information

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

言奏幻写 ,修譴鬚呂犬瓩独しいと感じたとき

 

 それをはじめて美しいと感じたとき

掌のなかにあった運命が牙をいた

そこには恐れと畏れで混乱した感情がただあるだけだった

 

嘘のない世界に美は存在しない

それでもそれをはじめて美しいと感じたとき

その事実に嘘はつけない

 

今までの自分は葬られ

運命の行き先に見知らぬ場所が示されるだけだった

 

(写真 大泉美佳)

 

 

 



罫
Ⓒ Chie Sawaguchi All Rights Reserved